HOME | コンセプト

PAP(プラット・アート・プロジェクト)とは

CONCEPT
プラットアートプロジェクト

障がい者のアート展覧会

ぷらっと参加できるオープンプラットフォーム。

障がいのある人もない人もぷらっと気軽に参加できる。そんなオープンなプラットフォームになればという思いから立ち上げたプロジェクトです。
2019年9月から、徳島県内の各所で総勢300人以上が参加し、ワークショップを行いました。その後、展覧会に向けて日中活動の一環として集団制作・個別ワークによる創作を続けました。
一人ひとりの個性が詰まった作品をご覧ください。

 

Home to Home(ホーム・トゥー・ホーム)

今回のテーマは「家」。
支え合いながら、それぞれの家を思い思いに想像し、創作活動を行いました。
作品を通じて一人ひとりが輝き、自立した生活、また地域で安心して暮らすことを体現し発信することで、その第一歩へと繋げられればと考えています。

 
Home to Home創作活動

光るお家のウェブ展覧会。

SHOWROOM
ウェブ展覧会

ウェブでアートの展示会

2020年4月、 プラット・アート・プロジェクトでは、これまでに創作したアート作品の展示会を開催する予定でした。
私たちも多くの方々にぜひ現地で個性あふれる作品たちを見ていただきたいと思っていましたが、新型コロナウイルスのパンデミックにより展示会は非公開にせざるをえない状況になってしまいました。
でもよく考えてみると、展示会を開催したとしても、コロナウイルス関係なく、いろんな理由で現地まで足を運べない人たちもたくさんいることに気付いたのです。
だから、今のこの状況で、より多くの人に作品を見ていただくために、このウェブ展覧会のサイトを開設しました。

 
seihoukei04.jpg seihoukei01.jpg seihoukei02.jpg seihoukei03.jpg